御菓子処 まえだのこだわり

  • 核心・・・老舗としての歴史、守り抜かれた伝統の味
  • 革新・・・長崎の新しいお菓子の創造
  • 確信・・・妥協をしない商品づくり、常にお客様の笑顔が見える商品を目指して
  • 「お客様に喜ばれる老舗としての銘菓づくり」


    1. 和菓子
    朝生菓子から季節を感じさせる上生菓子まで伝統の職人技

    2. 千代香
    創業当初から受け継がれている薄皮、こし餡の伝統菓子

    3. びっしゃげ餅
    手作り大福に焼きをいれてびっしゃがす大村の新名物菓子

    4. マルボーロ
    貫して手作りにこだわった伝統的なかたさのマルボーロ

  • 「おいしさの想像できる新感覚なカステラ商品の構築」


    1. カステラぷりん
    カステラ風味のぷりんにザラメル(ザラメ+カラメル)
    をかけて

    2. パイ巻カステラ
    バター風味のしっとりカステラをサクサクパイ生地で
    包んで

    3. まるでカステラ
    まるでカステラのようにしっとりとした焼きドーナツ商品
    の構築

経営理念

〜 感 謝 〜

感謝とは、ありがたいと思うこと。
ありがたさを感じて謝意を表することです。
感謝の『感』には、深く心が動くこと、物事に接して生ずる心の動きという意味がある。

一方『謝』には、謝る、お詫びというイメージがあるが、その本質は、
“ありがとう”という意味が込められている。
人生、あらゆる場面で心が動く瞬間に出会うことがある。
そんな時に素直にありがとうという言葉が出る。
そんな企業を創り、社会のお役に立ちたいと思う。

過去に感謝 生まれてきたことに

人は過去を振り返ることはできても過去を変えることはできない。それならば過去を振り返り、過去に感謝をする ことを強く意識していきたい。この世に生命を受けた喜びにはじまり現在に至るまでのすべてに価値がある。
自然の恵み、多くの人に支えられきた。そのことを深く考えこれからも生きていくのである。
感謝の気持ちがなくなるとそんな大事なことを忘れてしまう。経営理念を『感謝』とすることで、そのことを忘れな いようにしていきたい。

現在に感謝 健康で仕事ができることに

現在に感謝するということ それは、過去に感謝し、未来に感謝することに繋がる。私たちは先人の知恵に学び、 現在を生きている。そして、それらの財産を、新たな価値に変換して残していかなくてはならない。
人間は自分一人の力で生きてるのではない。全社員が一丸となり目的を共有することで新たな価値を創ることがで きる。そのためには、現在に感謝し、私たちひとりひとりが健康で仕事ができることに感謝したい。

未来に感謝 良縁の連鎖

人は仕事を通じて社会貢献をし、自己成長をしていく。そして、自己の成長を実感できたとき、素直にまわりのす べての人に感謝している自分に気付く。感謝の輪を未来に広げよう。きっとお客様に喜ばれるいい仕事が生まれて くる。そこから生まれる『良縁』には新しい未来を創る力がある。
未来に感謝するという意識は、そのような考え方をし実践することであり、それは過去〜現在〜未来を繋ぐもの 『良縁の連鎖』となる。

ページトップへ

Copyright (c) まえだオンライン all rights reserved.